読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もふぬこ動画☆画像

かわいい!おもしろい!猫動画と猫画像を毎日更新!(たまに違う記事も書いています)

【かわいい】もっと撫でて~・・・人の手を引き寄せる猫【猫動画】

f:id:emija:20160430201422j:plain

もっと撫でて~・・・

f:id:emija:20160430201548j:plain

かわいいですね~っ

たくさん撫でてあげたい~(〃▽〃)

猫画像

雑記

真田太平記(二)読み終わりました。

真田太平記(二)秘密 (新潮文庫)

真田太平記(二)秘密 (新潮文庫)

 

最後の方で真田昌幸と幸村が春日山城の上杉景勝と話し合いするために行くんですが、このシーンの景勝カッコいいですね~

昌幸には何度も煮え湯を飲まされてきた上杉景勝ですが、少ない手勢で現れた真田親子を暗殺する気配もみせず、人質として連れてきた幸村を残していこうとしたら「上田の城へ立てこもり、徳川・北条の大軍を引き受けようというのだから、まず勝ち目はあるまい。なれば、父子が共に戦い、共に討死なされ」といって、そのまま帰す度量!

で・・・このシーンの前に池波正太郎が実際に春日山城址を見てきた描写があって、これを読むと「今回行く場所からは遠いけど、春日山城址も行ってみたいなぁ・・・」と思っちゃいました。

池波さんのように「こうして春日山を我が眼に確かめたのちに、往時の地図を広げてみると・・・」などということはできませんが。考えてみるだけでも楽しそうです。

ちなみに僕は上田城には行ったことがあります。真田幸村は昔から好きでしたし、「真田太平記」を読んだ後だったかどうかはわかりませんが、真田の故郷も気になってあちこち回りました。

真田太平記は途中ですが、明日からは司馬遼太郎の「峠」を読み始めます。

峠 (上巻) (新潮文庫)

峠 (上巻) (新潮文庫)

 

越後長岡藩・河井継之助の物語です。長岡には行くつもりですが、長岡城の痕跡は無いそうです(残念)

河井継之助記念館に行こうかと。

ガトリング砲の複製とか、「峠」関連の資料(原稿の複製等)もあるみたい。

う~む。これは行くまでに「峠」を読み終わらなければ!(何年も前に読んだので内容あんまり覚えてない;;)

あと、山本五十六記念館も行く予定。これも長岡にあるらしい。

それでは、また明日!☆